KeiChannel.blog

何が言いたいかっていうと、ゲームが大好きってことですね。

【UE4】アンリアルエンジン4 に手を出してみた話

Unreal Engine4 はじめました!(挨拶)

 

ぶっちゃけゲームプログラマを本職としてやってますが、もっぱらコードを書くのがあまり好きでない私。

仕事ではUnityとC#でコーディングする毎日…。

 

UnrealEngine4(UE4)のブループリントの存在は知ってたが、

 

「どうせビジュアルスクリプティングなんてゲームの一部分だけに絞って使う程度でしょ?」

「UE4はC++なんだから、C++コードバリバリ書いてるんでしょ。」

「早くテキストコーディング辞めてビジュアルスクリプティングな未来がこないかな~」

 

なんて、かれこれUE4が流行りだして3年ほどずっと思ってたわけですが…。

 

 

 

ふと読んだこのスライドが全てを変えてくれました。

>>「実際にゲームを作ってみて9割以上BPのみでも大丈夫でした。」<<

 

「嘘やん!!!!!まじかよ!!!!!!!!!!!!!」

 

って思ったのが正直な感想ってなわけで、これはもう勉強するしかないと、頭の中はUE4のことでいっぱいになりその日はまったく仕事に手がつかなかったのを覚えています。

※とはいえプロの現場でも9割以上がBPなのかはもちろん解りません。DQ11とかどうなってるんでしょうね。

 

UE3は仕事で少し触ったんですが、ブループリントの前身であるKismetはゲームのほんの一部分に使われる程度のものでした。

UE4のリリース、そしてブループリントはいつの間にかめちゃくちゃ進化してたんですね…。同じゲーム業界に携わる人間として、今までまったく目を向けてなかったことに後悔してます。